SRC構造

鉄骨鉄筋コンクリート造構造。
鉄骨の枠組みを鉄筋入りのコンクリートで覆う工法。
SRCは、steel(鉄)、Reinforced(強化された)、Concrete(コンクリート)の頭文字。
鉄筋コンクリート(RC)構造と並んでマンション建設に多く用いられる。
より耐震性の条件が厳しくなる高層建築には鉄骨の入ったSRC構造になる。
鉄骨は柱や梁となって間取りや天井に現れ、
構造上どうしても下の階ほど大きくなる。
耐震性に問題なければコスト面からも実用面からも、
あえて鉄骨入りのSRC構造にこだわる必要はない。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ