住宅ローンが苦しくなったら考えるべき「状況別 6つの打開策」

住宅ローンが苦しくなったら…

住宅ローンを苦しいと感じたら、まず考えるべきは借り換え。
金融情勢は日々変化しています。ましてや長期返済の住宅ローン、
まずこれを検討してみましょう。
次に家計、団体信用生命保険とかぶる生命保険を見直してみましょう。

家計のやり繰りではどうしようもない場合は、
賃貸に出すことや、売却することも考える必要が出てきます。

いずれにしても、住宅ローンがある以上、
返済が続けられないということなると、その家に住み続けることは出来ません。

最悪のケースは、競売。
こうなると、家を失い借金だけが残ることにもなりますので、
そうならない為に、状況に応じた打開策を検討することが大切です。

  1. 住宅ローンの借り換え
  2. 家計や保険の見直し
  3. 賃貸
  4. 売却
  5. 借入先への相談
  6. 任意売却

住宅ローンの借り換え

住宅ローンを苦しいと感じたら、まず考えるべきは借り換えですね。
金融情勢は日々変化しています。ましてや長期返済の住宅ローン、
返済額が劇的に変わることもありますので、まずこれを検討すべきです。

「苦しい」と一口に言っても、例えば、暑苦しいや、息苦しい程度から、
生存に関わるレベルまで、様々な状況があるかと思いますが、

住宅ローンでいえば、負担に感じるとか、
「なければい良いのに」と思ったりする程度、つまりほぼ全ての方々ですが、
借り替えを検討しておいた方が良いかと思います。
別に苦しくなくても、返済は軽い方がいいですよね。



家計や保険の見直し

それからすべきことは、家計の見直しですね…

保険の見直し

お父さんの飲み代、お母さんの通販、
そういった部分がまずターゲットになりがちですが、
なるべく生活に影響がないところから節約したいですね。

ほとんどの方は住宅ローンを組む際に、
団体信用生命保険に加入されているはずですが、
それとかぶる生命保険を見直してみましょう。

保険見直し本舗さんであれば、全国展開209店舗・全店直営の相談窓口で、
個別の状況に合わせて、保険の見直しができます。
40社以上の保険会社と提携、豊富な保険商品の中から比較・検討が可能、
また何度相談しても、コンサルティング料や事務手数料などは不要です。
【生命保険】保険見直し本舗新規申込

借入先への相談

家計のやり繰りではどうしようもない場合は、
金融機関に相談してみることが大切です。
状況に応じて、返済方法(返済期間)を延長を見直してもらえることもあります。

住宅ローンが苦しくなったら、

しかしそれは多くの場合応急処置でしかありません。

根本的な解決方法は、「収入を増やすこと」これに尽きますが
それが望めない状況なのであれば、

「負債をなくす」か「返済をなくす」か、このどちらかの方法しかありません。
つまりお住まいを売却するか、賃貸に出すといことです。

いずれにしても。住宅ローンがある以上、
返済が続けられないといことなると、その家に住み続けることは出来ません。

賃貸

もう借金から開放されてスッキリしたいと思えば売却、
マイホームを手放したくない場合は賃貸に出すことが考えられまます。

住宅市場

売買・賃貸それぞれの相場や状況、残債の額によって
どちらが有利か不利か一概には言えませんが、
家賃で返済などをカバーできるのであれば、賃貸に出す方が現実的です。

不動産を「売る」という作業は、容易なことではありません。
住宅ローンの残債額によっては、ハードルは更に高くなります。

売却

不動産を売却するには、仲介業者に支払う手数料などの費用もかかってきますので、
ローン残債と売却費用を合わせた額より、高く売れるかどうかがポイントになります。

住宅の売買は登記簿の抵当権の抹消が大前提です。

売ったお金で、完済してしまえる場合は何のも問題もありません。
それができない場合は、その部分を現金で埋め合わせことが絶対条件になります。

任意売却

最悪のケースは、金融機関が回収不可能と最終的に判断し
法的手段を選択しなら、強制的に競売にかけられることになります。

競売では、容赦のない値段で買い叩かれますので、
ローンの完済には至らず、多くの部分が残債となります。
つまり、家を失い借金は残ることにります。

これを回避するためには、任意売却という方法があります。

裁判所による競売が強制の売却であるのに対して、
任意売却という言葉を使います。
不動産取引用語「任意売却」 ⇒

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ