不動産用語(2 / 3ページ)

契約履行の着手

売主側の契約履行の着手は、 買主の希望による分筆登記やリフォーム、プラン変更など。 例えば買主の要望により、 ・・・

現状有姿 (現況有姿)

現状有姿

現状有る姿のままでの取引。不具合があっても責任を持たないという意味合い。個人が売主の中古物件の取引条件になることが多い。通常「現状」とは建物の現状を指す。物件の見学は売主が生活しているケースが多く、そこから建物の現状を推測することになる。

交通

交通機関

最寄り駅からの所要時間、徒歩は80mを1分で換算。 信号待ち、坂、老若男女は考慮せず 駅の敷地から物件の敷地ま・・・

最多価格帯

100万円刻みの文字通り最多価格帯。 平均価格ではない。 戸別表示が原則ではあるが物件数が10件以上の場合は、・・・

手付金

人質

契約時に支払う物件代金の一部、キャンセルした場合は返還されない、と解釈されることが多いが実務上はそれでほぼ問題はない。本来の意味は確約の証として交付する金銭という意味で…

取引態様 (取引形態)

売主、代理、媒介(仲介)など。 仲介の場合は仲介手数料が発生する。 代理は一般的には手数料は不要(売主負担)だ・・・

仲介手数料

清算

物件価格の3%プラス6万円プラス消費税、 が法で定められた上限であるが、 上限いっぱい請求しない業者は稀。

内覧会

ようこそ

新築物件の完成後、決済引渡し前に買主が部屋を検査すること。 傷や不具合は引渡しまでに手直しされることになる。 ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ