2×4(ツーバイフォー)

木造枠組壁構法。
断面が2インチ×4インチの角材で作った枠に板を張りできた
長方形のパネルで壁を形成して行く。

この壁で建物を支える設計になるので
柱や梁を配置する必要がなく、面(壁や床)で支える分、
柱や梁の線で支える在来工法より耐震性に優れているとされている。
短所は将来リフォームする際に、
壁の配置を変えるような間取りの変更は困難になる。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ