解約

契約後のキャンセル。
通常の契約であれは「契約履行の着手」までは
買主は手付金を放棄することで、

売主は手付け金を倍返しにすることで
契約を解除することができる。

なお売主の「手付け倍返し」は契約時に預かった手付け金を含むもので、
違約金として支払われるのは手付け金と同額であり、
手付金の2倍という意味ではない。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ