管理費

マンション共有部分の維持管理に必要な月々の費用。
規模が大きくなるほど割安になる。
マイホーム購入検討の際、マンションの短所として
られる方が多々いらっしゃるが、
はたしてそうだろうか。
築20年そこそこの一戸建で、建物としての価値は失われ、
古家付き土地として取引される物件があるが、
プロの管理会社が入る分譲マンションでそういった例を見たことがない。 仮に一戸建てで、日々の建物のメンテナンスから長期修繕計画まで、
管理会社に頼むとすると途方もない額になる。
プロの管理会社に委託できるということは、
集合住宅ならではのメリットである。

新築マンション購入時には、
最初の基金に数十万円の一時金が必要になる。
また、月々の費用は管理費のほかに、
将来の大規模修繕工事に備えて、修繕積立金が必要になる。

専用庭や、ルーフバルコニーなど、
共有部分を独占使用する住戸は月々数百円程度の使用料が発生する。
こいうった費用は管理会社や分譲会社の売り上げになるのではなく、
マンションの所有者である管理組合の運営や建物のメンテナンスに充当される。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ