私道 (私道負担)

不動産用語的には、建築基準法の接道義務を充たすため、
道として負担する私有地。
お屋敷から広大な敷地を抜ける私道とは意味合いが異なり、
接道2mとか幅員4mとか数メートル、十数平米の攻防となことが多い。

この部分は自分の土地であっても建物を建てられず(建築が許可されない)、
建ぺい率や容積率の敷地面積の対象にもならない。
売り土地(土地付き建物含む)の広告には必ず「私道負担」の有無、
有りの場合は、その面積、私道を除いた敷地の面積がが明記されている、
ことになっている。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ