瑕疵担保責任

欠陥住宅

瑕疵とは欠陥。売主が欠陥住宅でないことを保証する責任。
住宅の瑕疵は雨漏りや設備の不具合など、
住んでみて初めて分かるものが多く、
売主が業者の場合、中古であっても2年(以上)の保証が、
契約・特約の如何に問わず義務付けられている。

ただし
トイレが流れないというのは立派な瑕疵だが、
流れが悪いというのは、それを数値化した法令はなく、
どの程度から瑕疵になるか判断は難しい。
買主の排泄物が、常識を逸脱している可能性もなくはない。

新築住宅は10年の保証が義務付けられている。
業者がなくなれば当然保証もなくなるので、
新築住宅には 瑕疵担保責任履行の保険に加入されていることが望ましい。
業者に保険加入の義務はないが、保険加入有無の明示は義務付けられている。

売り主が個人の場合(殆どの場合は中古住宅)は
契約書に現状有姿(現況有姿)を明記して瑕疵の責任を負わない取引が出来ることになっており、
実際ほ多くの場合は現状有姿前提の契約になる。
ただし住宅として取引した以上、価格不相応の欠陥があった場合は
裁判で現状有姿が通用しないこともある。

[スポンサーリンク]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ