現状有姿 (現況有姿)

現状有る姿のままでの取引。
不具合があっても責任を持たないという意味合い。

個人が売主の中古物件の取引条件になることが多い。
通常「現状」とは建物の現状を指す。

現状有姿

物件の見学は売主が生活しているケースが多く、
そこから建物の現状を推測することになる。

特別の約束がない限りには、
家具や、冷蔵庫やクーラーなど電気製品等は付いておらず、
それらの下の汚れ染み傷はそのまま付いて来る。

また見えない部分に欠陥があったとしても、
中古だから安いから素人だから、後から苦情を言ってこないでね、
という意味合いも含まれる。

それが嫌なら新築を買え
と、遠まわしに或いは、はっきり言ったりする仲介業者もいる。

ただし中古だから安いからと言っても
価格不相応の欠陥が発見されたら
契約書に明記されていても
「現状有姿 (現況有姿)」が通用しないこともある。

売主が宅建業者の場合は中古物件であっても
瑕疵担保責任が発生する。

[スポンサーリンク]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ