建物構造

マンションで用いられる主な工法は
鉄筋コンクリート構造(RC構造)と鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC構造)。

高層建築には耐震性の条件が厳しくなるので、鉄骨の入ったSRC構造になる。
鉄骨は柱や梁となって間取りや天井に現れ、構造上どうしても下の階ほど大きくなる。
ラーメン構造と壁式構造という分類もあるが、
広告の物件概要には一般的には、SRC構造かRC構造と記される。

SRC構造の工法として柱と梁の枠組みのラーメン構造を用い、
RC構造の工法として壁で建物を支える壁式構造になる場合が多いが
建築技術の進歩により、
それぞれの長所を用いそれらが複合するケースもある。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ