市街化区域/市街化調整区域

一般的に売りに出されている宅地や建築を前提とした事業用地は市街化区域。
市街化区域の中で更に、住居地域や商業地域など用途地域が指定される。
広告に用途地域が記載されていれば、必然的に市街化区域であることを意味し、
それぞれの用途地域の種類の中で建築できる建物のサイズの上限や用途が制限される。
市街化調整区域の場合は、建築そのものが制限される。
開発を制御する目的で設けた線引きなので、原則は建築不可。
原則には例外があり、あくまでも「建築不可」ではなく「調整」区域ではあるが、
調整するのはお役所なので、お役所を制御できる甲斐性がある方は別だが、
そうでない個人は手を出すべき物ではない。
と、いうことで、広告に用途地域が記載されてない場合は要注意。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ