容積率

敷地面積(私道負担部分は除外)に対する延べ床面積の割合。
用途地域ごとに上限が設けられている。
容積率によって、建築可能な延べ床面積が変わってくるので、
宅地の広告には、建ぺい率などと合わせて、必ず明示されている、はず。

低層住居専用地域では、50%~200%と低く制限されており、
一方、商業地域は1000%を超えるところもある。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ