変動金利か、固定金利か

住宅ローン

住宅ローンの金利は過去最低水準、もう後は上がるしかないので、
今選ぶなら「固定金利」、と断言しないまでも、
「変動金利」の選択に注意を促す、今日この頃の風潮、
全くもって正しい考え方かと思います。

私は断言します。今、あなたが住宅ローンを組むなら、
「固定金利」が良い。

と、  言い張り続けて、約20年。

20年前に、変動金利を選ばれた皆さん、
オメデトウございます。
低金利が続いて良かったですね。

一方、

あの頃、固定金利を選んだ皆さん、
お元気ですか?

そして、
もう借り換えはおすみですか?

もし、今、借り換えをするなら、
「変動金利」と「固定金利」、どちらが良いか、

もちろん私は、断言します。
「固定金利」が良い。
こっちの方がトクだとは、言いませんが安心です。
この20年ほど、住宅ローンは「固定」でも既に充分に低金利です。

住宅ローンを、投資の対象にしてはいけません。

投資をするなら、株とか、FXとか、お馬さんとか、
ほかにも色々あるでしょう。

考えるべきはことは、ソン、トクではなく、安定です。
この過去最低水準金利で、先々まで固定するのが賢明です。

「変動金利」には、うま味もあるけど、大変なリスクもあります。
そんなリスクは、金融屋さんに引き受けてもらいましょう。

35年先まで、この金利で コ・テ・イ …
不安を感じた金融屋さんは、
「わかりました、この金利で固定しましょう、10年先まで…」
その先は変動にとの、ご提案があるかも知れません、が、

見通せない、その先こそ、固定にするのが安心かと思います。
リスクの掛けどころは、ここではなく、別にあります。
ここはむしろ、保険を掛けるべきです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ