在来工法

戦後から現在に至るまで日本の戸建住宅に最も多く採用されている工法。
柱、梁、筋かいで形成する軸組を構造躯体とすることから木造軸組工法とも呼ばれる。

壁を構造躯体とする2×4(ツーバイフォー)工法などに比べ
壁の位置に制約が少く、間取りやプランニングの自由度は増す。
また将来的に、壁の位置を変える 間取り変更のリフォームや
リノベーションにも対応しやすい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ