土地用語

土地

広告や契約、宅地や分譲地の取引にの現場で使われる土地用語。
(50音順)

  • 市街化区域/市街化調整区域
    建物が建築できるのは市街化区域で、市街化調整区域は原則不可。
  • 位置指定道路
    公道に接していない敷地の接道義務を充たすために設けた私道。
  • 建ぺい率
    敷地面積(私道負担部分は除外)に対する建築面積の割合。
  • 私道 (私道負担)
    建築基準法の接道義務を充たすため、道として負担する私有地。
  • 接道義務
    建物の敷地は、幅4m以上の道路に、2m以上接していることが、義務づけられている。
  • セットバック
    接道がみなし道路の土地で、道路幅4mの通行を確保すため境界線を後退させること。
  • 地番
    不動産登記上の住所で、住民票の住居表示とは異なる。
  • 地目
    不動産登記法で、宅地や学校用地、甲州道路など23種に分けられた土地の種類。
  • 二方道路
    2本の道路に接した土地。土地としての価値は高く、広告でPRされる材料になる。
  • みなし道路
    建築基準法の道路規定「幅員4m以上」を充たしていないが、42条2項により道路とみなされた道。
  • 盛土
    傾斜地で土を盛って平坦に造成すること。
  • 用途地域
    都市計画法により地域の特性を確保するため用途を指定された地域。
  • 容積率
    敷地面積(私道負担部分は除外)に対する延べ床面積の割合。

[スポンサーリンク]

サブコンテンツ

このページの先頭へ