団体信用生命保険

保険

団体信用生命保険、通称「団信」。
住宅ローンの残債を対象とした生命保険で、
もしも、
あなたが死亡したり、所定の高度障害状態に陥った時には、
保険でローンの残債が支払われます。

住宅ローンにかかる諸費用は、
どれもこれも、貸し手側の金融機関の利益や、リスク回避のためのものですが、
「団信」だけは、借り手の、あなたの為にもなります。

保険がなければ最悪は、
思い出のマイホームを競売に掛けられ、追い出された挙句、
落札された安値では完済できず、借金だけが残るはめになります。

「団信」は、あなたの遺族のマイホームを守ります。

そして貸し手側も、
大黒柱を失った家庭に取り立てに行く、
荒業を展開しなくてすむので、助かります。

ですから、ほとんどの金融機関では、
団信の加入は必須条件になっています。

ご自身で、熟慮を重ねて保険を選んでいらっしゃる方には、
余計なお世話かも知れませんが、
それでも、殆どの場合、必須条件になっています。

ただ例外は、フラット35。
強く推奨していますが、「任意」ということのなっています。

また、
加入は必須ですが、無料だったり、保険料が金利に組み込まれていたり、
様々なタイプがあります。

保険としての機能のほかに、こここで重要なことは、
団信も保険である以上は、健康上の問題で加入できなことも
あるということです。
有料、無料に関わらず、団信加入が必須条件になっていれば、
その健康上の問題が、
住宅ローンの審査そのものに影響するということです。

もしそういケースになったら、
団信加入「任意」の、フラット35が、有力な選択肢となります。

住宅ローンは「実質金利」で比較!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ