任意売却

住宅ローン

住宅ローンの返済が不可能になた時(債権者がそう判断した時)、
相場より3割から4割ほど安い価格で買いたたかれる競売を避け、
債権者との相談のもと、一般市場で売却すること。

競売が、裁判所による「強制」売却であるのに対して
「任意」とい言葉を使い、任意売却あるいは任意売買という。

あくまでも債権者の合意が前提であるが、
債権者の回収額が競売より高くなると見込まれる範囲の中で、
負債の減額や、引越し費用の捻出など、
競売にかけられるよりは、格段に有利に対処される。

競売にかけられると多くの場合は、家を失い、借金だけが残ることになる。

金融機関は返済が滞って3ヶ月から6ヶ月で、競売の手続きをとるケースが多い。
その前にまず、督促状・催告書が送られて来ることになるが、
その時点で、返済の再開がむずかしいようなら、
手遅れにならない内に、専門家に相談することが望ましい。

任意売却 競売版

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ