ローン特約

買主が住宅ローンの借り入れを金融機関から断られた場合は
売買契約を白紙に戻すという特約。
「特約」とはいうものの付かない方が異例。

現金購入でない限り、ローン特約のない契約は避けるべき。
資金計画の相談の際には月々の返済額だけでなく、
提示された借り入れが成立しなかった場合は、
売買契約を即解除するのか、
或いは金利等がもっと不利な条件になっても
別の金融機関に申し込むのか確認が必要。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ