セットバック

接道がみなし道路の土地で、道路幅4mの通行を確保すため
境界線から後退して土地を活用すること。
セットバックすることによって、建築許可の対象となる。

セットバックは道路の反対側と双方で負担するので
中心線から2mの位置まで後退、
崖や川などで反対側が無い場合は片方で幅員4mにあたる位置まで後退。

例えば幅員3mのみなし道路の場合は、
中心線が境界から1.5mの位置になるので50cmの後退、
片側で負担する場合は1m後退することになる。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ