みなし道路

建築基準法の道路規定「幅員4m以上」を充たしていないが、
42条2項により道路とみなされた道。
施行(昭和25年11月)前から建築物が建ち並んでおり、
特定行政庁が指定した道路に限る。

42条2項で規定されていることから2項道路とも呼ばれる。
みなし道路を接道とする敷地での建築には幅員4mの通行を確保するために
建築位置の後退(セットバック)が 義務付けられている。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ